新製品情報 主要製品 認可取得製品 製品データダウンロード 各種資料閲覧 会社概要

機械式緊急遮断弁 EIM型シリーズ

本弁は、燃料配管および各種貯槽タンクに取付け、電気信号などの外部動力を必要とせず、地震動による感震器の動作力のみで流体を遮断する対震自動緊急遮断弁装置です。
作動は、感震器が動作するとレリーズ機構を介して遮断弁のトリップ機構に作用し、弁が閉じます。復旧は感震器のツマミ操作後、遮断弁を手動で開きますので、より安全な復帰方法になります。
電気信号などの外部動力が不要ですので、地震災害時における二次災害の危険がありません。

外部動力不要 画期的な対震用機械式緊急遮断弁

感震器(機械式)
感震器(機械式)
本体部
本体部
用途
  1. 燃料等の流出による二次災害防止燃料配管、燃料タンク、各種ガスタンク
  2. 地震災害時のライフラインの確保受水槽、高置水槽、給水管など

特徴

EIM−2型
  1. 高い安全性と工費を削減
    感震器、駆動部はすべて機械式(メカニカルタイプ)で、外部動力設備(電気・油圧・空圧等)、機器が不要。発火・発熱源がなく制御盤、停電対策も不要で、爆発性危険場所でも使用可能ですから高い安全性と工費削減が可能です。
  2. 確実・瞬時に作動
    外部動力の事故(動力伝達流体の流出など)による作動不良がなく、燃料系での二次災害防止、飲料水確保といった遮断機能を確実に行ないます。
    ※感震器の標準設定加速度は200ガル『震度5強相当』
  3. 高い信頼性
    感震器と遮断弁は分離設置ですから、感震器を配管系とは別の強固な架台や頑丈な壁面に取付けることで、配管振動などの外乱による誤作動はありません。
  4. 安全復帰
    遮断弁の復帰は、安全・確実な手動復帰操作のみ。遮断弁取付場所の状況を確認してから復帰しますので、より安全なシステムの構築が可能です。
  5. 容易なメンテナンス
    感震器のツマミを操作することにより、日常の作動点検が簡単にできます。
  6. バリエーションが豊富
    本体材質はステンレス鋼、青銅、鋳鉄、鋳鋼から選択できます。

仕様

型式 EIM-2型 EIM-3型 EIM-4型
製品記号 EIM2-VA EIM3-WA EIM4-RA
形式 手動復帰式
作動 感震器作動時弁閉
呼び径 15~200 50~100 15~200
適用流体 燃料油・燃料ガス・水・空気・油・(蒸気)
流体温度 5~60℃
適用差圧限界 呼び径により異なります。
材質 本体(SCS)
要部(SUS)
本体(CAC)
要部(SUS)
本体(FC)
要部(CAC)
ディスク(テフロン)
端接続 JIS 10KFFフランジ
ダウンロードデータ カタログ
取扱説明書
 
価格表
CADデータ CADデータ  
注.震災対策用機械式緊急遮断弁(EIM型シリーズ)作動点検のお願い


PDFカタログダウンロード
関連ページ